LABCO

公開日: 2019/03/19 / 最終更新日: 2024/05/30
取材担当者の印象
グループ会社にラジオ局を有しており、実習生の募集力が強い。
また教育体制の構築に多額の投資を継続的に行っており、オンライン日本語教育プログラムを自社独自で開発。
入国前トレーニングとして、グループ傘下の短期大学(オンラインコース)へ入学、日本語学習を開始し、
入国後も実習勤務しながら3年間で短期大学卒業資格を取得できる体制を構築している。
今後も「短大卒実習生」の増加が見込まれるなど、実習終了後のキャリア支援にも注力していている。
2022年以降、特定技能人材の送り出しも全職種において注力している。
基本情報 研修施設情報 学校施設紹介動画
団体名
LABCO
エリア
ハノイ
所在地
No.32 Trang Tien St., Trang Tien Ward, Hoan Kiem District, Hanoi City, Vietnam
ホームページ
代表役員
事業内容
(日本への送り出し事
業以外)
特定技能対応有無
大学提携有無

・ハノイ工科大学
・ハノイ国家大学
・ハノイ工業大学
・18番国防省実技専門学校 その他

技術者紹介対応有無

食品/惣菜製造業

機械加工/金属関係

電子、電気組立・検査

溶接、鋳造

建設関係

繊維・衣服関係

耕種農業

ビルクリーニング

自動車整備


特色
全体的な特徴としては、グループ会社にラジオ局を持っていることで、実習生の募集教員力が強いこと。
直接法を用いて日本語教育に力を注いでいること。
実習中は、技能実習生の中からリーダーを任命し、日本での実習生活の実態を把握する為の報告体制を整えます。
契約期間が終了後、在ベトナムの日系企業様での就労のフォローなど行います。
送出実績

2016年 430人, 2017年 485人, 2018年 565人, 2019年 680人,

対応職種

フォロー体制(日本での駐在状況、拠点なども)

管理サポート専門の駐在員を日本の主要都市に配置し、実習初期は全面的に支援します。
技能実習生の中からリーダーを任命し、日本での実習生活の実態を把握する為の報告体制を整えます。
収容人数
900人/年間
教師数
日本人教師3人, ベトナム人教師30人
実技内容
機械加工・溶接・農業・肉加工・大工・鉄筋・足場組立・縫製など
教育方針
【日本語教育】
「聞く・話す」ことに重点を置き、毎日必ず日本語教師と会話する授業を設けるなどして、6ヵ月で日本語能力N4取得を目指します。
また、職場でよく使用する専門用語や、「ともだち言葉」の表現を早い段階から導入し、教室の中での日本語と実習現場での日本語の違いを出来るだけ少なくすること努力をしております。

【躾教育】
「実践」での教育を毎日継続することに重点を置き、意識と行動パターンを固定化することによって、相手への思いやりの心の育成を目指します。
この機関について問い合わせる            

mintoku work

日本で働く外国人に向けに特化した特定技能求人の専用求人メディアで特定技能の求人を掲載できます
詳細を見る

対応職種

技能実習

特定技能

閉じる