ホーム News ベトナム ベトナム、来年の最低賃金を6%引き上げへ準備

ベトナム、来年の最低賃金を6%引き上げへ準備

2023.12.21

12/20(水)に行われた労使交渉により、ベトナムは来年の7月より
最低賃金を6%引き上げる方針を固めた。

ベトナム労働総同盟は、企業の新規受注の増加が見られることに伴い、
6.48%または7.3%の賃金引き上げを提案。
一方、ベトナム商工会議所は、新規受注が回復基調を見せ始めはじめる中で、
事業運営をさらに持続可能なものにすることが重要であるとし、
4.5〜5%の率を提案。

本会議は、合意には至らなかった昨年8月以来、2024年の最低賃金
引き上げについて開かれた2回目の会議であった。

協議の結果、国民賃金評議会の16名全員が6%の引き上げに賛成し、
地域によって200,000-280,000ドン(8.22〜11.50USD)引き上げられ、
月額で345-496万ドンになる。

昨年7月の時点で最低賃金は5.88%/468万ベトナムドン(197.07USD)引き上げられていた。

評議会議長を担うLe Van Thanh労働副大臣は、政府の承認を待っている6%の率は、
労働者と企業の「バランスの取れた」利益を保証するであろうと述べた。

賃金引き上げは、今年前半にベトナムで4.27%のインフレと3.22%の
消費者物価指数を記録し、企業が受注の急減に苦しんでおり、
2022年後半以降、一連の解雇が起こっている状況を考慮している。

ベトナムの国際労働機関は、賃金の増加はインフレと経済成長を
考慮すべきだと述べている。

同機関によれば、ベトナムは2020年から2022年までに最低賃金を6%引き上げたが、
インフレを考慮すると、労働者の実質収入はわずか0.7%しか上昇していない。

今年上半期のベトナム労働総同盟の調べによると、工場労働者の平均月収は
788万ベトナムドン(約324USD)であり、家族の支出は1170万ベトナムドン480USD)だった。

調査の結果、生活費が2022年から19%増加したことがわかった。

[vnexpress 2023/12/20]

mintoku work

日本で働く外国人に向けに特化した特定技能求人の専用求人メディアで特定技能の求人を掲載できます
詳細を見る

対応職種

技能実習

特定技能

閉じる