ホーム News ベトナム 出会い系アプリで求職者を探すベトナム人

出会い系アプリで求職者を探すベトナム人

2024.04.08

何人かの若いリクルーターは、従来の採用方法に加えて、ベトナムで候補者を見つけるために出会い系アプリの利用を模索している。
ベトナム中部のDanang市Hai Chau区に住む26歳のHung Huynhは、出会い系アプリで採用活動を行う意図を尋ねられると、
「求職者を見つけるために出会い系アプリのTinderに頼るなんて、よほど必死なんだろうと誰もが思っています」と笑顔で答えた。

ITテック企業の人事スペシャリストであるHung氏は、「以前、自分のプロフィールに営業やマーケティング職の募集広告を掲載したことがあったが、
仕事ではなく個人的な交際を求めるオファーが数多く届いた」と振り返った。

この経験から、彼はTinderを採用チャネルとして利用することの有効性が業界によって異なることを学んだ。
「クリエイティビティや若さを求められる職種では、Tinderは良い候補者を見つけることができる。

しかし、技術的な専門知識や上級職位の採用が必要な業界では、そのようなプロフェッショナルが
出会い系アプリを利用することはめったにないため、難しいと感じるかもしれません」
現実的には簡単ではないにもかかわらず、成功例も珍しくない。

「私は以前、採用のためにTinderのアカウントを開設したことがあります」と、
FacebookユーザーのV.L.NguyenはあるFacebookのグループで共有した。

「IT企業のオフィス近くのカフェで3時間スワイプした後、23人のプログラマーとマッチングし、
12人の履歴書を受け取り、最終的に8人を採用できました」

この型破りなアプローチのおかげで、Nguyenの月間報酬は予想を上回った。

Trungは、公式の採用チャネルを維持し、それに応じてリソースを配分しているものの、
Tinderを通じて不動産部門の営業スタッフの採用に成功したと話した。

「出会い系アプリで重要なのは、ちょっとした広告を通じて好奇心を喚起し、求職者を惹きつけることです」と彼は説明した。
Tinderの他にも、Facebook DatingやBumbleといった出会い系アプリも、若い人事担当者が求人企業と
求職者を結びつけるための人気プラットフォームとなっている。

ベトナム南部のBinh Duong省Thuan An市に住む20歳のLam Huynh Nhuは、
「Facebook Datingで仕事を見つけました」と経験を語った。
「前職を辞めた後、自由な時間ができたとき、チャットやリラックスするためにアプリを使っていました」とNhuは振り返る。
「受付の募集を見つけ、右にスワイプし、面接の後、その仕事に就きました」。

しかし、誰もがこうしたトレンドを支持しているわけではない。
ベトナム南部のDong Nai省Bien Hoa市在住で、10年以上の人事経験を持つ32歳のLe Thi Minh Chiは、この慣行に驚きを示した。
「このアイデアはかなり大胆です!」
「しかし、各プラットフォームの目的は異なるため、採用活動に出会い系アプリを使用することは、
各プラットフォームのコミュニティガイドラインに違反する可能性がある。

さらに、出会い系アプリでの採用活動や就職活動は、特にユーザーが本人確認を受けていない場合、固有のリスクを伴う」とChiは言う。

場合によっては、個人が虚偽の情報を提供し、詐欺につながったり、個人的にも仕事上でも安全でない環境を作り出したりする可能性がある。

[Tuoi Tre News 2024/04/08]

mintoku work

日本で働く外国人に向けに特化した特定技能求人の専用求人メディアで特定技能の求人を掲載できます
詳細を見る

対応職種

技能実習

特定技能

閉じる