ホーム News ベトナム ホーチミン市の大手縫製会社、受注不足で1900人の雇用を削減

ホーチミン市の大手縫製会社、受注不足で1900人の雇用を削減

2024.02.07

縫製品メーカーGarmex Saigonは、縫製業界にとって最も厳しい時期の1つである昨年、1,947人の雇用を削減し、35人の従業員で年を越した。
同社の財務報告書によると、これは2022年の1,828人の解雇に続くもので、過去2年間で解雇された従業員の総数は3,775人となった。

20年間操業しているGarmex Saigon社は、受注が減少したため、昨年の売上が35倍の86億VND(35万3183ドル)に急落した。同社は昨年最後の6ヶ月間、受注ゼロを記録した。

同社は今年、520億ドンの損失を計上した。

仕事がなかったため、同社は従業員を解雇し、コスト削減のために生産を停止せざるを得なかった。

同社は昨年110億ドンを補償に費やし、2022年と比べて6倍に減少した。

同社のグエン・ヴィエット・クオン会長は昨年給与を受け取っていない。

Garmex Saigon社はベトナム縫製業界の大手企業であり、海外顧客も多い。
しかし、ヨーロッパやアメリカからのバイヤーが注文を減らし、いつ再開されるかはまだ不明である。
同社は、このセクターの回復の可能性が高まると判断するまで、採用活動を行う予定はない。

Garmex Saigon社は、ベトナム南部のホーチミン市とバリア・ブンタウ省、中部地方のクアンナム省に5つの工場を持つ。
2019年には4,000人の従業員を雇用し、1,000億ドンの利益を計上した。

2022年には、世界的な需要の減少により売上高が93%減少し、初めて赤字を計上した。
[vnexpress 2024/02/04]

mintoku work

日本で働く外国人に向けに特化した特定技能求人の専用求人メディアで特定技能の求人を掲載できます
詳細を見る

対応職種

技能実習

特定技能

閉じる